頭痛や首・肩こりに良い快眠シングは高い枕?低い枕?

枕のおすすめは高め・低めどっち?人気の高さと選び方を徹底解説
日常の中で理想な寝心地で熟睡できることは、健康への第一歩です。 理想的な良い寝心地、眠りが得られずに、枕の買い替えを検討している人はいませんか? 枕を買い替えるべくお店を見ると、おすすめの人気枕として様々な形、サイズ、素材、価格、高め・低め、固め・柔らかめの商品が並んでいます。 そのなかでも、枕の寝心地を左右するのが枕の高さです。頭痛や肩こりに良い健康・快眠寝具として、高め・低めのどちらが良いか気になる人も多いでしょう。 高めか低め、どちらの選び方が良いのかを知るため、この記事では、枕のおすすめの高さと選び方を紹介します。また、理想の寝姿勢から、高めがおすすめ・低めがおすすめな人の特徴も解説します。  

おすすめは高め・低めよりも自分に合う高さの枕

枕を選ぶ際に重要なのは、高め・低めかどうかではなく、自分の身体に合った高さかどうかです。 本章では、高めの枕・低めの枕を使用しているときの正しい寝姿勢を解説します。

正しい寝姿勢とは、首の隙間が埋まる状態

睡眠時に背骨の「S字カーブ」の起点となる頚椎(首)を支えることで、正しい寝姿勢に調整できます。 なお、「正しい寝姿勢」とは、普段立っているときと同じ状態で身体に負担がかかりにくいものです。具体的には以下の状態を言います。
・正面から見て、頭頂部~顎~頸椎~背中がまっすぐになっている。 ・横から見て、頸椎~背中~腰がS字カーブを描いている。
頸椎を支えるための高さの目安は、枕を使わずに寝具(敷布団)に横になったときの頸椎と寝具(敷布団)の間にできる隙間、中でも一番深いところの隙間の高さです。 おすすめの枕の高さは、正しい寝姿勢がとれる自分に合うものであり、人によって異なります。埋めるべき隙間の高さが高めか低めかによって選ぶ枕も異なります。 仰向き寝・横向き寝におすすめの、良い寝姿勢をまとめました。

首の隙間は埋まっている?正しい寝姿勢①仰向き寝の場合

首は本来、Cの字を描きます。まず枕で首の隙間を埋め、頸椎の曲線を保ちましょう。 あとは上述の通り、正面・上から見て真っ直ぐなラインを描き、横から見て、S字カーブを描けていれば、仰向け時の理想的な良い寝姿勢をとれています。

首の隙間は埋まっている?正しい寝姿勢②横向き寝の場合

まずは枕で首の隙間を埋めます。横から見たときに頭頂部~顎~頸椎~背中が真っ直ぐになっていれば、横向き寝で理想の寝姿勢がとれています。背骨のラインと寝具とが水平になっている状態です。

こんな枕は高すぎる・低すぎる

枕に頭をのせて横になってみましょう。あなたにとっておすすめの枕が、高めの枕か、低めの枕かがわかります。

このような状態は枕が高すぎます!

頭が持ち上がり顎がひけているならば、枕が高すぎます。 また、高めの枕を使っていると、頭が下を向き過ぎてしまうということで気道を圧迫する姿勢となり、いびきをかきやすくなります。 起床時に首が痛いと感じる時も、枕が高すぎる可能性があります。頭が無理な角度に曲がるので、頸椎を痛めてしまうのです。

このような状態は枕が低すぎます!

頭が後方に反り、目線の先が頭上より斜め後ろにある状態ならば、極端に低めの枕です。 頭が心臓より低い位置にあると、睡眠中の血流が悪くなります。朝目覚めた時に、顔がむくんでいれば、枕が低すぎる可能性があります。 横向き寝に限って言えば、頭が左右に傾いていれば高め・低めを判断できます。

おすすめの高さの見つけ方

自分の身体に合った良い寝姿勢に近づけるために、睡眠時の隙間を高め・低めに調節して埋めていきましょう。安眠できるおすすめの枕の高さの測り方をまとめました。 まず、肩甲骨を壁に密着させて自然に立ちます。頸椎のCカーブの最も湾曲が深いところと壁との隙間を測ってください。 この隙間が、枕の首を当てる部分の高さの目安です。高めか低め、どちらがおすすめか分かりやすくなります。

眠りに対する評価を左右するもの

高めの枕か低めの枕か、おすすめの高さが分かったところで、眠りの評価を左右するその他のポイントも少しだけ紹介しましょう。商品の人気度とは別に、選び方の参考にしてみてください。
ポイント①:洗える枕かどうか自分にとって理想の枕を見つけたら、高め・低めに関わらず、理想の寝心地のために長く使いたいものです。衛生面から家庭で洗える素材かどうかも確認しておきましょう。
ポイント②:通気性に優れているか 枕の通気性は素材の種類で異なります。例えば、低反発ウレタン枕は首の形に調整しやすく、高め・低めなど高さも豊富です。人気が高い枕ですが、密着する分蒸れやすくなります。
 
ポイント③:コスパが良いか 高めの枕も、低めの枕も、使っているうちにヘタッてくるのは同じです。枕の高い・低いは良い寝姿勢に影響し、合わない枕は肩こりの原因になります。使い始めの寝心地から変わってきたら、調整よりも新たに購入するのがおすすめです。 安すぎる商品は、使っているうちに中の素材が飛び出てくることがあります。ですので、自分の身体に合った枕であることは前提として、買い換えのしやすいコスパの良い商品を選ぶのもおすすめです。

体格によって合う枕の高さは違う

ここまで、理想の良い寝姿勢や、高め・低めの状態・おすすめの高さを紹介しました。 重要なのは、体格によって合う枕の高さ、つまり高め・低めが異なること。 自分の体格に合った枕のポイントを知り、理想的な良い寝心地・睡眠をとることは健康への第一歩です。ここからは、高めがおすすめ・低めがおすすめの人の特徴をまとめました。

高めと低め?①高めの枕がおすすめの人の特徴

高めの枕は男性におすすめです。頸椎~後頭部のサイズが深め=高めの人が多いからです。体格で言えば、運動しているとS字カーブがしっかりしていることが多いので、体格がガッシリしている人におすすめです。 また横向き寝の場合も、肩幅と同じ高さが必要なので、高めの枕がおすすめです。

高めと低め?②低めの枕がおすすめの人の特徴

低めの枕は子供や女性におすすめです。頸椎~後頭部のサイズが男性よりも浅め=低めだからです。快眠を求める女性の多くが低い枕を選ぶのには理由があるのですね。体格で言うと、細めの人におすすめです。 なお、うつ伏せ寝にも低めの枕がおすすめです。低めの枕は睡眠中に無理な姿勢になりにくいからです。圧迫感が薄い低めの枕であれば、安眠しやすくおすすめです。

真ん中が低め&左右が高めだと寝返りがしやすくおすすめ

実は、1つの枕に高め・低めの箇所があると寝心地がよく、熟睡しやすくなります。 おすすめは中央が低めで、左右両側が高めの枕です。なぜなら、多くの日本人は後頭部が平らに近い形で、中央が低めの枕であれば様々な寝姿勢に対応できるからです。 一晩に打つ寝返りの数は約30回もあり、睡眠時の負担が軽減できるため、中央が低め・左右が高めの枕は、快眠・熟睡におすすめなのです。 ちなみに、これとは逆に中央が高めで、左右両側が低めの枕はどうでしょうか。一般的にこの形の枕は欧米人向けにつくられています。欧米人の後頭部が丸い形になっているからであり、日本人にとっては寝心地が悪く、おすすめできません。 高め・低めの形を調整するだけで、良い寝心地を得ることができます。高め・低めの選び方をマスターして枕を購入してみましょう。 首の隙間を埋め、寝返りが打ちやすくなれば肩こり解消も期待できますよね。理想の安眠から健康を手にしてください。
タイトルとURLをコピーしました