健康対策や睡眠改善で人気の高品質・良い敷布団を安く購入

安い腰痛マットレスを購入する方法!価格とおすすめの選び方を紹介
背中の痛み/腰痛
お仕事でデスクワークが多いなどで、慢性的な腰の痛みや肩こりに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

それらの症状は、睡眠の質も関係しています。ベッドや枕、敷布団などの寝具の改善・購入を検討しているなら、腰痛マットレスを選ぶと良いでしょう。腰痛マットレスは、肩こりや腰痛、ヘルニア対策だけでなく安眠効果も期待できます。

とはいえ、腰痛マットレスは、効果があるかどうかが大切。安いからといって飛びついてはいけません。ただし、中には安い価格・高品質で購入できるものもあります。

この記事では、腰痛マットレスとして適切なマットレスを安い価格で購入する方法をご紹介します。

人気寝具メーカーブランドの商品を比較して分かった価格相場

腰痛マットレスは安いだけでなく構造も重要です。適した腰痛マットレスを選ぶために、マットレスの種類や安い価格で購入する方法を知っておきましょう。

マットレスの種類

マットレスにはコイル系とノンコイル系があります。マットレスの構造や硬さは、腰痛マットレスを選ぶ決め手になるため、必ず確認しましょう。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスは、らせん状のコイルをつなぎ合わせて全体に配列している構造のマットレス。個々でコイルを連結することによって身体を面で支えるため、畳に布団を敷いたような硬めの寝心地です。

身体への負担が少ないため、腰痛マットレスとして適しています。また、通気性に優れており、安い価格で購入することが可能。安いため、1人暮らしをスタートする際にもおすすめです。

ただし、寝返りを打つ際に隣の人に振動が伝わりやすいため、シングルのサイズでの使用が向いています。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは、コイルを個々に円筒方の袋に入れて隙間なく配列している構造のマットレスです。コイルがそれぞれ独立して身体を点で支えるため、包み込まれるような快適な寝心地です。

耐久性は強くはありませんが、振動が伝わりづらいため、ダブルのサイズで2人で使用するのに向いています。

柔らかすぎることから、腰痛マットレスとは言い難い場合もありますが、メーカーによっては、腰痛マットレスとして機能するものや安い価格で購入できるものもあります

高反発マットレス

高反発マットレスは、反発力が高いウレタンなどの素材を使ったマットレスです。

身体が沈み込みにくいため寝返りが打ちやすく、身体にかかる負担も分散されることから、腰痛持ちの方からも快眠・熟睡できると高い評判を得ています。健康に気遣うアスリートの愛用者も数多くいることから、代表的な腰痛マットレスと言えるでしょう。

また、折りたたみ機能によってコンパクトになり、手軽に持ち運び可能なタイプのものもあります。

低反発マットレス

低反発マットレスは、反発力が低い低反発ウレタンなどの素材を使ったマットレスです。全身を包み込むようにフィットし、体重が軽い方や包み込まれるような感覚で眠りにつきたい方にはおすすめの寝心地です。

ただし沈みやすく、身体全体に負荷がかかってしまうため、腰痛マットレスが必要な方には向いていません

種類別に価格を比較

口コミ評価やランキングの高いメーカーのシングルサイズのマットレスの価格を元にまとめた価格相場は下記の通りです。

  • ボンネルコイル:1~3万円(腰痛マットレスに適している・最も安い)
  • ポケットコイル:3~20万円(メーカーによっては腰痛マットレスに適している・安い価格で購入することも可能)
  • 高反発マットレス:4~20万円(最も腰痛マットレスに適している・安い価格で購入することも可能)
  • 低反発マットレス:2~4万円(腰痛マットレスには適さない・比較的安い)
ボンネルコイルや低反発マットレスは、比較的安い価格で購入できます。ただし、腰痛マットレスをお探しの方におすすめなのはポケットコイルや高反発マットレス。品質にこだわっている腰痛マットレスも多く安い価格ではありませんが、最も安い価格は3~4万円のため、安い価格で購入することもできます。

この価格帯を参考に選べば、安い・高品質の腰痛マットレスを購入することができるでしょう。一方、あまりにも安い価格で販売されているものは、品質をよく確認する必要があります。

また、高価格・高品質のものがセールで安い価格で購入できる場合もあります。欲しいマットレスが決まったら、そのお店のセール情報や、マットレスが安い価格に値下がりする時期を調べておきましょう。

腰痛マットレスは安いだけじゃだめ!選び方のチェックポイント

腰痛マットレスは、できるだけ身体の負担を軽減することが重要です。身体に負担がかかると、腰痛が悪化する原因となるため、安い価格か否かより、まずは腰痛マットレスとしての機能性をよく確認しましょう

腰痛マットレスのチェックポイントを満たしていたら、安い価格で購入できるか、あるいはこれから安い価格になる可能性があるかを見極めます。

腰痛の方は寝姿勢が維持できるマットレスを

腰痛マットレスを選ぶ場合、まずは「寝姿勢」を確認します。寝姿勢は、寝ている間の物理的な姿勢のこと。

人は直立姿勢の際は背骨がなだらかなS字を描いています。寝姿勢では、直立姿勢のときと同じようにこのS字を保つことが重要です。正しい寝姿勢を保つことによって、睡眠時に身体にかかる負担を軽減できます。

腰痛マットレスは、硬めのものが多いため、慣れるまでに時間がかかることもありますが、敬遠せずに腰痛マットレスを試してみることが大切です。寝心地や安い価格ばかりを追求すると、適した腰痛マットレスを見落としてしまうこともあります。

腰痛マットレスを選ぶ際は、店頭で実際に体験してみましょう。また、通販で購入する際も、自分にはどのようなマットレスが身体に合っているか知っておくことをおすすめします。

寝返りの打ちやすいものがおすすめ

腰痛マットレスを選ぶ際に確認する次のポイントは「寝返りの打ちやすさ」

人間は睡眠中に20~30回の寝返りを打つと言われています。寝返りは身体にかかる負荷を分散させる働きがあるため、腰痛の方は寝返りの打ちやすい腰痛マットレスで腰への負担を軽減することが大切です


ここまでご紹介した「寝姿勢」と「寝返り」をサポートする腰痛マットレスを選ぶ時は、マットレスのサイズや硬さなどを確認します。具体的には以下のページで解説しているので、参考にしてみてください。
腰痛マットレスの選び方紹介記事へのリンク 背中の痛み/腰痛
腰痛を軽減!おすすめマットレスの比較ポイントと選び方を解説
腰痛にお悩みの方がマットレスを選ぶ際におすすめの選び方を解説しています。腰痛の方におすすめのマットレスの特徴や押さえるべきポイント、価格をまとめているので、ぜひ選び方の参考にしてみてください。

品質が良くて安い腰痛マットレスを購入する方法

この記事では、マットレスの種類別の価格と、安い価格で腰痛マットレスを購入する際に押さえるべきポイントをご紹介しました。腰痛マットレスは高額なイメージがありますが、ご紹介したポイントを押さえて工夫すれば、安い価格で購入することもできます。

機能性が低く安いマットレスを何度も買い替えるより、自身に合った腰痛マットレスを安い価格で購入して長く使い続ける方が良いですよね。腰痛マットレスとして適切なポイントを満たしているかを確認した上で、価格帯と比較して安いか判断し、安くて機能性の高いものを購入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました