体重が重い方の健康対策におすすめで人気の寝具(ベッド用や敷布団)

肥満の方の腰痛マットレスの選び方!体重によるおすすめを比較
背中の痛み/腰痛
「仕事が忙しくて外食しがち」「デスクワークが多くて運動不足」このような生活習慣から、肥満・肩こり・腰痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。 実は、肥満が腰痛悪化の原因となることがあります。 とは言え、肥満を改善するには時間も労力も必要。そこで、肥満と辛い腰痛でお悩みの方に、マットレスの見直しをおすすめします。ベッド周りの寝具であるマットレスを見直すことは、腰痛の改善につながるでしょう。 マットレスは毎日の睡眠時に使うからこそ、身体に合うものを選ぶ必要があります。この記事では、肥満の方がマットレス選びで気を付けるべきポイントをご紹介します。

肥満が原因で腰痛が悪化する理由とは

肥満の方が腰痛になる原因は1つに限りません。腰痛の悪化につながる理由は、主に3つあります。

肥満による体重の重さは腰痛悪化の原因に

肥満は腰痛の原因になる 肥満による体重の重さは、腰に負担をかけてしまいます。この負担が腰痛の悪化につながります。

反り腰による姿勢の崩れにも注意

肥満による反り腰 肥満の方がとりやすい姿勢の1つに「反り腰」があります。反り腰とは、腰を反らすような姿勢のこと。 肥満でお腹が出てくると、身体の重心は前方に移ります。そして、重心が前に移動すると、人は前後の重心のバランスをとろうとして反り腰になり、腰に負担がかかります。 つまり、肥満の方は腰を反らしやすくなり、背中から腰へと負担をかけることになります。 姿勢の悪さに、肥満による体重の負担が加われば、さらに腰痛が悪化していきます。

ヘルニアなど特定の症状がある場合は病院へ

ヘルニアの場合は病院へ 肥満に加えて、持病にヘルニアがあるなど腰を痛めた原因が明確な方がいます。このような状況で腰痛があれば、病院で診てもらいましょう。専門病院であれば、肥満の方が特定の腰痛に対して取り組みやすい腰痛対策を提案してくれます。

肥満の方が腰痛改善のために見直すべき対策

ここからは、肥満の方ができるおすすめの腰痛対策を4つご紹介しましょう。

バランス良い食生活のため食事内容の見直しを

健康的な食事 まず、腰痛の元となる肥満の解消が大切です。そして、肥満を解消するには、食生活の見直しが欠かせません。 食生活の見直しは、食事内容の選び方の改善とも言えるでしょう。食べ過ぎや偏った食事は、肥満に加えて腰痛も悪化させてしまいます。食生活の改善は、肥満と腰痛の改善となります。

運動する習慣をつける

肥満の方におすすめの運動習慣 ストレッチからでも良いので、軽い運動をする習慣をつけましょう。ウォーキングは腰にかかる負担が少ないため、腰痛の方にもおすすめの改善対策です。

タバコなどの喫煙は控え目に

タバコの喫煙は控える 喫煙は毛細血管を収縮させるため、椎間板に十分な栄養が行き渡らなくなり腰痛につながります。喫煙習慣の改善は、健康・腰痛におすすめの対策です。

マットレスなどの寝具の見直しで腰痛を改善

肥満による腰痛改善のためのマットレスの見直し 上記対策と比較し、取り入れやすいのが「睡眠習慣」の改善。中でも、腰痛対策として手軽に取り組むことができるマットレスの見直しがおすすめです。 そして、肥満を原因とする腰痛の方であれば、「体圧分散」と「耐久性」に優れたマットレスがおすすめ。次の項目で詳しく解説しながら、睡眠に不可欠な寝具「マットレス」の選び方を具体的にご説明していきましょう。

マットレスの選び方①体圧分散に優れたものがおすすめ

肥満による腰痛を改善したい。そのためにマットレスを見直す際は、「体圧分散」について理解しておきましょう。

肥満・腰痛対策のために知っておきたい「体圧分散」とは

体圧分散の説明 体圧分散とは、マットレスが持つ性能の1つで、睡眠時に身体にかかる圧力を分散させて支える働きのこと。体圧分散が低いと、体重がかかる肩・腰に負担が集中するため、肩こりや腰痛の原因になります。特に、肥満の方は、身体の沈みやすさから、腰に負担がかかりがちです。このことからも、肥満の方は体圧分散に優れたマットレスを選ぶ必要があります。 体圧分散に優れたマットレスを選ぶには、マットレスの種類やサイズを確認することがおすすめです。

肥満の方は硬めの素材を使った種類を選ぼう

高反発のマットレス 体圧分散性の高いマットレスを選ぶ際のポイントの1つ目は、「マットレスの種類」。体圧分散性が高く、寝心地が固めの素材を使ったマットレスであれば、身体をしっかりと支えてくれます。肥満の方でも、睡眠時の腰への負担を低減できるのです。 マットレスには、コイル系とノンコイル系の2つのタイプがありますが、肥満の方の腰痛対策にはコイル系のポケットコイルマットレスか、ノンコイル系の高反発マットレスがおすすめ。特に、ノンコイル系高反発マットレスは、硬めの素材を使用していて、身体全体をしっかり支えてくれるので、スポーツアスリートから高い人気があります。

自分の体格に合うサイズのマットレスを

肥満の方には大きめのマットレスがおすすめ 自分に合うサイズ、または少し広めのサイズのマットレスを選ぶことで寝返りが打ちやすくなります。そして、寝返りが打ちやすくなれば、体重の負荷が分散されます。 肥満の傾向があり身体の大きな方は、シングルのような小さいサイズだと、寝返りを打ちづらく腰に負担がかかって腰痛の悪化につながることも。そのため、1人で使用する場合もダブルサイズなどの大きめのマットレスを選ぶと良いでしょう。 このように、肥満の方には適度な硬さ(反発力)のある大きめのマットレスがおすすめです。

マットレスの選び方②耐久性が高いかどうかを確認

マットレスの耐久性は、「厚さ」と「密度」で確認できます。

厚めのマットレスがおすすめ

おすすめは厚みのあるマットレス 肥満による腰痛で悩んでいる方は、厚めのマットレスがおすすめです。これはなぜかというと、薄いマットレスでは、身体が沈んで底に付き腰痛を悪化させてしまうため。厚めのマットレスであれば体圧分散性や耐久性が上がるため、肥満の方でも安心して使うことができます。 ちなみに、これはベッドに限らず、フローリングに敷布団を敷いて寝る場合も変わりません。 また、肥満の方の場合はマットレスがへたりやすいため、しっかりとした厚みが欠かせません。肥満による腰痛の方が選ぶ場合、具体的な数値として厚さ8cm以上のマットレスを目安にしましょう。 さらに、厚さが8cm以上のマットレスは、どのような構造で厚みを出しているのかも確認する必要があります。単に厚みだけを出して、高級感があるように見せているマットレスもあるからです。価格と併せてマットレスの説明を良く読んでみると良いですね。 一般的に、薄いものであれば、比較的安い価格で購入しやすいです。しかし、肥満による腰痛を改善するためにも、ある程度の価格のマットレスを購入する方が効果的。また、安いマットレスを何度も買い替えるよりも、肥満による腰痛の悪化を防いでくれるような、しっかりしたマットレスを1つ使い続けることをおすすめします。

密度の高いマットレスは耐久性が高い

厚さに加え、密度の高いマットレスも耐久性が高くおすすめです。密度が低いとへたりやすく、腰の健康に悪影響を及ぼします。特に、肥満の方は体重の分だけマットレスに圧力がかかることから、密度の高さは外せないポイントと言えるでしょう。 肥満による腰痛の方には、「コイル系ポケットコイルマットレスの場合はスプリングが交互配列になっているもの」「ノンコイル系高反発マットレスの場合は密度が30D以上のもの」がおすすめ。このようなマットレスの耐久年数は5年~10年のため、肥満や腰痛に悩んでいる方も長く使うことができます。

力士も愛用!おすすめは【雲のやすらぎプレミアム】

力士千代丸もおすすめの雲のやすらぎプレミアム 肥満の方におすすめの腰痛マットレスの選び方のポイントを満たすおすすめのマットレスが、雲のやすらぎプレミアムです。先ほどご紹介した、肥満による腰痛の方におすすめのマットレスのポイントと、雲のやすらぎプレミアムの特徴を比較してみました。
肥満で腰痛の方におすすめのマットレス 雲のやすらぎプレミアム
体圧分散性 種類・硬さ 高反発マットレス 高反発マットレス
サイズ 大きめサイズ シングル・セミダブル・ダブル
耐久性 厚さ 8cm以上 17cm
密度 30D以上 35±3D
雲のやすらぎプレミアムは、体圧分散性に優れた腰痛マットレスとして口コミ評価が高く、マットレスランキングでも上位のブランドです。 九重部屋・千代丸関も雲のやすらぎプレミアムを愛用しています。190kgという高体重で快眠できるマットレスはなかったものの、雲のやすらぎプレミアムを使い始めてからはマットレスで快眠できるようになったそうです。 雲のやすらぎプレミアムは、高体重の方でも腰痛対策に繋がる安眠マットレスとして、肥満の方にもおすすめです。
マットレス
雲のやすらぎプレミアム商品情報まとめ!価格や評判を徹底評価
腰痛マットレスとして人気が高い「雲のやすらぎプレミアム」のおすすめポイントや口コミ評価・価格などの詳細をまとめています。他の腰痛マットレスにはない雲のやすらぎプレミアム特徴や、お得でおすすめの購入方法をぜひご確認ください。
マットレスの見直しは、睡眠時の寝心地を改善し、睡眠の質を向上させます。そして、日々の快眠は肩こり・腰痛対策などの健康につながります。今回ご紹介したマットレスの選び方を参考に、自分に合ったものを選んで下さいね。
タイトルとURLをコピーしました