人気ランキングだけじゃない!本当に快適で安い良いメーカーとは

ベッドマットレスのおすすめ比較ポイント!快眠寝具の選び方を解説
マットレス
ベッドマットレスを購入する時は「価格を重視する」「ホテル仕様の有名ブランドから選ぶ」という方法もありますが、選び方のポイントを押さえて、比較しながら選ぶこともおすすめです。

今回は、ベッドマットレスを買う時におすすめの選び方のポイントを紹介します。購入や買い替えを予定している方はぜひ参考にしてみてください。

まずは、直敷きの場合と比較しながら、ベッドマットレスのおすすめの特徴を見ていきましょう。

直敷きとは違いがある?ベッド寝具を購入する時のポイントとは

マットレスは、ベッドマットレスとしてベッドフレームの上に敷くことも、畳やフローリングに直敷きすることもできます。最初に、ベッドマットレスとマットレスの直敷きを比較しながら、ベッドマットレスのメリットと注意点を見ていきましょう。

ベッドマットレスのおすすめのポイント

直敷きと比較した時の、ベッドマットレスのおすすめの特徴は以下の通りです。
  • 冷えにくい
  • カビやホコリを防ぎやすい
  • ベッド下が収納スペースになる

冷えにくい

マットレスをフローリングに直敷きすると、フローリングの冷えがマットレスに伝わり、身体を冷やす原因になることがあります。しかし、ベッドの場合は床から距離があるので、冷たい空気が伝わりにくくおすすめです。

カビやホコリを防ぎやすい

マットレスを直敷きする場合、下にすのこを敷かないと通気性が悪くなり、カビの原因に繋がったり、マットレスにホコリがつきやすくなったりすることがあります。一方、ベッドマットレスは床から離れているため、通気性やホコリの問題が起こりにくいです

ベッド下が収納スペースになる

ベッドフレームによっては、ベッドの下が収納スペースになっているものもあります。ベッドは収納スペースを確保できるという点からもおすすめです。


このように、ベッドでマットレスを使用することがおすすめの理由はたくさんありますが、逆に、直敷きと比較した時のベッドマットレスの注意点も確認しておきましょう。

直敷きと比較!選び方の注意点

ベッドマットレスを購入する際は、以下の注意点も押さえておきましょう。
  • 直敷きよりもしっかりしたマットレスがおすすめ
  • 畳の場合はベッドフレームの足跡がつく

直敷きよりもしっかりしたマットレスがおすすめ

直敷きのマットレスで寝る場合は床が身体を支えやすいですが、ベッドの場合はマットレスの下が空洞になっています。そのため、ベッドの場合は、直敷きマットレス以上に身体をサポートできる、しっかりしたベッドマットレスを購入することがおすすめです。

畳の場合はベッドフレームの足跡がつく

ベッドを置く部屋がフローリングの場合は問題はありませんが、畳の上にベッドを置く場合、重みで畳がへこむことがあります。畳の買い替えが必要になる可能性もあるので、畳の部屋にベッドを置く予定の方は覚えておきましょう。

おすすめのベッドマットレスの5つの特徴

おすすめのマットレスには、いくつか特徴があります。ベッドマットレスを買う時は、以下の6つの特徴を押さえて選ぶことがおすすめです。
おすすめのベッドマットレスの特徴
  • 正しい寝姿勢を維持できる
  • 寝返りしやすい
  • 体圧分散に優れている
  • 耐久性に優れている
  • その他特別なニーズに合っている

正しい寝姿勢を維持できる

睡眠中の寝姿勢が崩れると、身体の特定の場所に負担がかかり、こりや痛みの原因になることがあります。そのため、ベッドマットレスを選ぶ時は、正しい寝姿勢を維持できるベッドマットレスかどうかを確認することがおすすめです。

正しい寝姿勢とは、ベッドマットレスに仰向けになる時に背中が緩やかなS字カーブを描く状態、横向き時に背骨が真っ直ぐになる状態です。この姿勢の時、身体に力がかからず快眠に繋がりやすい寝心地になります。

寝返りしやすい

寝返りしやすいベッドマットレスを選ぶこともおすすめです。睡眠中に寝返りを打つことで、身体にかかる負担を分散する働きがあります

体圧分散に優れている

一般的な敷き布団に仰向けになると、身体の重い部分や、腰のように身体の出っ張っている部分に体重が強くかかります。体圧分散とは、このように強く体重がかかる部分の圧力を分散する性質のことです。

寝姿勢と寝返りの説明と重複しますが、睡眠中は身体の負荷を軽減することで、痛みやこりを防ぎます。そのため、体圧を分散できるベッドマットレスがおすすめです。

耐久性に優れている

耐久性の良いベッドマットレスは、長く使えてコスパが良いのでおすすめです。さらに、へたりにくく正しい寝姿勢を維持しやすい点からも、耐久性の良いベッドマットレスをおすすめします

その他特別なニーズに合っている

最後に紹介するおすすめのベッドマットレスの特徴は、人によって違います。

例えば、引っ越しが多い方は軽くて持ち運びやすいベッドマットレス、介護用のベッドを利用する場合は、ベッドに合うマットレスを購入するという選択肢があります。一人暮らしでスペースが限られてる場合は、折りたたみベッド用のマットレスを検討することもおすすめです。一方で、折りたたみベッドマットレスは、腰の部分が折り目と重なるため、腰痛の方は注意するべきという意見もあります。

人それぞれの状況によっておすすめのベッドマットレスの特徴が異なることを覚えておきましょう。


次の項目では、ここまで説明した、おすすめのベッドマットレスを選ぶ時に、確認するべきポイントを紹介しましょう。

マットレスの種類とおすすめの選び方を紹介

ベッドマットレスを選ぶ時は、最初にどの種類のベッドマットレスを買うかを決めることがおすすめです。ベッドマットレスには、大きく4つの種類があります。それぞれのベッドマットレスの種類のメリットとデメリットをまとめました。

ベッドマットレスの種類とメリット・デメリットまとめ

メリット デメリット おすすめの人
ボンネルコイル 価格が安い 身体に負荷がかかりやすい
寝返り時に振動が伝わりやすい
ギシギシ音がする
安いベッドマットレスが良い
ポケットコイル 身体に負荷がかかりにくい
寝返り時に振動しない
音が出ない
価格が高い
沈みすぎることがある
高品質のコイルマットレスが良い
高反発 体圧分散に優れたものがある
収納しやすい
洗濯できることがある
寿命が早いものもある 腰痛など身体にこり・痛みがある
低反発 収納しやすい
洗濯できることがある
寿命早いものもある 柔らかい寝心地が好きな人
ベッドマットレスには、コイル系とノンコイル系の2つのタイプがあります。コイル系は、スプリングが連結しているボンネイルコイルと、独立したスプリングが並んでいるポケットコイルの2種類です。ノンコイル系には、硬めの高反発と、柔らかめの低反発の2種類があります。

種類によって特徴が違うので、「おすすめの人」を参考に、自分に合うベッドマットレスを選ぶことがおすすめです。

ベッドマットレスのおすすめの比較ポイント

ベッドマットレスの種類が決まったら、色々な販売メーカーのベッドマットレスを比較します。その際の比較ポイントとしておすすめなのは、以下の4つです。
  • 硬さ
  • サイズ
  • 厚み
  • 密度

【硬さ】おすすめは適度に硬いベッドマットレス

ベッドマットレスの硬さは、寝姿勢や寝返りに関わるため、こだわることがおすすめです。

ベッドマットレスがあまりにも柔らかいと、腰が沈みすぎて寝姿勢が「くの字」になってしまったり、寝返りが打ちにくくなることがあります。一方で、極端に硬いベッドマットレスは、腰が沈まず背中が浮いてしまうことががあります。おすすめは適度に硬めのベッドマットレスです。

具体的におすすめの硬さは、消費者庁が定めているN(ニュートン)を基準に確認します。Nの数値と表記は、以下のように決まっています。
区分表示名
110N以上かため
75N以上110N未満ふつう
75N未満やわらかめ
そして、おすすめの硬さは、体重によって目安が違います
体重目安
~50kg100N~140N
50kg~80kg140N~170N
80kg~170N~
子供や女性など小柄な方は柔らかめ、体格のしっかりした男性などは硬めのベッドマットレスがおすすめです。

【サイズ】寝返りしやすい大きさがおすすめ

ベッドマットレスは、体格に合うサイズを選ぶことをおすすめします。身体に対して十分に幅のあるベッドマットレスであれば、寝返りがしやすいのでおすすめです。具体的におすすめの幅は、自分の横幅+30cm以上です。

ベッドマットレスのサイズは、一般的には以下の通りになっています。
サイズの名称幅(目安)長さ
セミシングル80cm195cm
シングル100cm
セミダブル120cm
ダブル140cm
クイーン160~170cm
キング180cm
シングル・セミダブル・ダブルのサイズ展開が多いですが、コイル系ベッドマットレスの場合は、メーカーによってセミシングルやクイーン、キングもあります。

【厚み】厚いベッドマットレスはへたりにくく耐久性が高い

一般的に、薄いベッドマットレスはへたりやすく、そうすると寝姿勢が崩れてしまいます。一方、厚みのあるベッドマットレスは、へたりにくい=耐久性が高いのでおすすめです。

厚みのあるおすすめのベッドマットレスとは、コイル系で25cm前後、ノンコイル系で8cm以上です。

【密度】高いほど耐久性が高い

密度が高いベッドマットレスは、耐久性が高く、へたりにくいです。そのため、ベッドマットレスを購入する時は密度を比較し、できるだけ密度の高いものを購入することをおすすめします。

密度を比較する際におすすめの指標は、ベッドマットレスの種類によって違います。

コイル系マットレスの場合は、炭素保有量を確認することをおすすめします。数値が70%以上(できれば70%後半以上)のベッドマットレスがおすすめです。

コイル系の中でもポケットコイルのベッドマットレスは、スプリングの配列を確認することもおすすめです。ポケットコイルタイプのベッドマットレスには、並行配列と交互配列がありますが、交互配列の方が密度が高いためおすすめです。

ノンコイル系マットレスの場合は、D(kg/㎥)という密度の指標を確認することがおすすめです。おすすめは30D以上(できれば35D以上)のベッドマットレスです。


以上を参考に、皆さんが自分に合ったベッドマットレスを購入できれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました