腰痛や肩こり対策には硬い・柔らかい寝具どちらが快眠できるか

マットレスのおすすめは高反発か低反発か?違いを徹底比較
マットレス
マットレスには高反発や低反発など色々な種類がありますが「どんな違いがあって、どっちがおすすめなの?」という方もいらっしゃるでしょう。

高反発と低反発はどちらにも異なるメリット・デメリットがあるので、それぞれの特徴を押さえて自分に合う方を選ぶことがおすすめです。

本日は高反発マットレスと低反発マットレスの違いをご紹介しながら、それぞれがどのような方におすすめなのかを解説していきます。

それでは早速、高反発と低反発の違いを比較していきましょう。



高反発・低反発マットレスの違いを比較

高反発マットレスと低反発マットレスの違いを比較する前に、まずはマットレスの種類をご紹介しましょう。高反発マットレスと低反発マットレスが、マットレスの種類の中でどのようなタイプに分類されるのかを確認しておきたいと思います。

マットレスはコイル系・ノンコイル系の2種類

マットレスには、スプリングのあるコイル系と、スプリングのないノンコイル系の2種類があります。そして、ノンコイル系マットレスのうち、反発力の強いものを「高反発」、反発力の低い柔らかいものを「低反発」といいます

一般的には、コイル系マットレスの方が厚みがあるため、ベッドの方はコイル系を購入し、敷布団として使用する方はノンコイル系の高反発や低反発を購入する方が多いです。ただし、もちろん高反発マットレスや低反発マットレスをベッドに敷いて寝ることもできます。また、ノンコイル系マットレスは比較的軽いので干しやすく、素材によっては洗濯もできるので衛生的にもおすすめです。


ここからは、高反発・低反発に分けてそれぞれのマットレスの特報について見ていきましょう。

高反発とは、硬めの素材

高反発マットレスとは、高反発ウレタン、ファイバー、ラテックスなど硬めの素材で作った反発力の強いマットレスです。

腰痛など身体の痛みやこりが気になる方におすすめ

高反発マットレスは、睡眠中にかかる体重を反発力で押し返す効果があり、体圧分散に優れているものも多いです。身体をしっかりと支え、特定の部分にかかる負荷を軽減するので、特に腰痛などの痛みの症状がある方におすすめです。

商品によっては硬すぎる?

痛みの改善効果も期待できる高反発マットレスですが、品質によっては、硬すぎて寝心地が悪いと感じることもあります。高反発マットレスを購入する際は、寝心地を確認した上で購入することをおすすめします

低反発とは、柔らかめの素材

低反発マットレスとは、低反発ウレタンなどの柔らかい素材のマットレスです。

柔らかい寝心地と低価格がおすすめ

低反発マットレスのおすすめのポイントは、柔らかい寝心地と価格の2点です。

まず、低反発マットレスは反発力が少ないので、包み込まれるような感覚で寝ることができます。「柔らかいマットレスの方が寝やすい」という方は、低反発がおすすめです。

また、低反発マットレスは、高反発マットレスと比較するとやや価格相場が安い点もおすすめです。有名寝具ブランドメーカーの低反発マットレスの平均価格は、2~4万円ほど(高反発マットレスは4~10万円)なので、「安い値段のマットレスを探している」という方におすすめなのは低反発マットレスでしょう。

沈みすぎてしまうことがある

柔らかい寝心地がおすすめの低反発マットレスですが、柔らかすぎて身体が沈み、底付き感が出ることもあります。身体が沈みすぎると痛みやこりの原因に繋がることがあるので注意が必要です。男性などの体格がしっかりした方ほど、低反発では身体が沈みすぎてしまうことがあります。低反発は、女性や子供など、比較的体重の軽い方におすすめです。


ここまで、高反発・低反発マットレスそれぞれの特徴を確認しました。さらに、どちらを選ぶ場合も共通して確認するべきマットレス選びのポイントがあります。次の項目では、高反発・低反発マットレスを選ぶ時に注意するべきポイントを見ていきましょう。

おすすめはマットレスの寝心地をしっかり比較すること

高反発・低反発それぞれにおすすめの特徴はありますが、どちらを購入するにしても、購入前に、これからご紹介するマットレス選びのポイントを確認することおすすめします。高反発・低反発に共通するおすすめのマットレス選びのポイントは、以下の2点です。
  • 正しい寝姿勢を維持できるかどうか
  • 寝返りが打ちやすいかどうか

正しい寝姿勢を維持できるかどうか

高反発・低反発マットレスどちらを購入する場合も、正しい寝姿勢を維持できるマットレスかどうかを確認することがおすすめです。

正しい寝姿勢とは、マットレスに横になった時に背骨がS字カーブを描くような姿勢を指します。この正しい寝姿勢が身体に負担のかからない快眠できる姿勢です。

一方、品質の悪い高反発や低反発マットレスの場合、寝姿勢が崩れてしまうことがあります。悪い寝姿勢の例をいくつかご紹介しましょう。

高反発で硬すぎる場合

正しい寝姿勢のためには、身体のラインに沿って適度に沈む硬さがおすすめです。しかし、硬すぎる高反発マットレスだと、マットレスが身体の凹凸にフィットせず背中などが空いてしまい、腰に負担がかかって腰痛の原因になることがあります

低反発で柔らかすぎる場合

柔らかすぎる低反発マットレスの場合、腰など体重がかかる部分が沈みすぎて、くの字のような寝姿勢になってしまうことがあります。「硬い寝心地が好き」「柔らかい寝心地が好き」という好みもあるとは思いますが、寝姿勢を確認の上で快適だと感じる寝心地のマットレスを選ぶことがおすすめです。

寝返りが打ちやすいかどうか

人間は、睡眠中に20~30回の寝返りを打つことで身体にかかる負荷を分散します。そのため、寝返りの打ちやすい高反発・低反発マットレスを購入することもおすすめです。

特に柔らかすぎる低反発マットレスの場合、身体が沈みすぎて寝返りが打ちにくくなるということがあります。やや反発力のあるマットレスや、高反発マットレスの方が寝返りが打ちやすくおすすめです。

まとめ~高反発と低反発それぞれおすすめの人とは~

最後に、高反発・低反発マットレスのおすすめの特徴とおすすめの人をそれぞれまとめました。
おすすめのポイント おすすめの人
高反発マットレス 寝姿勢を維持しやすい
寝返りを打ちやすい
腰痛など身体に痛みのある方
高身長・高体重など体格がしっかりした方
低反発マットレス 包み込まれるような柔らかい寝心地
値段が安い
柔らかい寝心地が好きな方
華奢な方
繰り返しになりますが、高反発・低反発マットレスのどちらを選ぶにしても、「正しい寝姿勢を維持できるかどうか」「寝返りが打ちやすいかどうか」というポイントが大切です。

一般的には、高反発マットレスの方がこの2つのポイントを満たすことが多くおすすめです。ただし、中には低反発マットレスの方が好きという方もいらっしゃるでしょう。低反発マットレスを購入する場合は、寝姿勢と寝返りに問題がないかどうかをよく確認した上で選ぶことをおすすめします。

なお、マットレスには、高反発・低反発などの反発力の他にも、サイズなどの選び方のポイントがあります。マットレスのおすすめの選び方のポイントは以下にまとめているので、ぜひ併せて参考にしてみてください。

マットレス
おすすめマットレスの選び方~寝心地よく快眠できる寝具を選ぶ~
マットレスのおすすめの選び方を解説しています。

マットレスの種類をご紹介しながら、素材やサイズ、選び方のポイントなど、これから新しいものを購入予定の方が知っておくべきおすすめの情報をまとめているので、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました