腰痛対策もできて安い快眠ベッド・布団用を購入する方法

長持ちするおすすめマットレスの選び方~コスパの良い寝具を購入~
マットレス
ベッドのマットレスは毎日使う寝具であり、長期間使用していると体重で厚みが減少し、睡眠の質が低下するほか、腰痛を起こす原因になってしまいます。 常に安眠を保つには定期的に買い替えるのがおすすめですが、どれだけ長持ちするかはマットレスの品質によって異なります。 通販サイトの売り上げランキングに入るような、有名ブランドのマットレスは品質が良く長持ちするものが多いです。もちろん、その分価格が高いものも少なくありませんが、比較的安いブランドでも長持ちするマットレスは存在します。 この記事では、寝心地が長持ちするマットレスの選び方を解説していきます。

長持ちするマットレスの購入には【厚み】と【密度】の確認がおすすめ

マットレスを選ぶ際に、長持ちするものかどうかを判断するポイントとして、マットレスの厚みと密度に注目してみましょう。ここでは、マットレスの種類ごとに注目すべきポイントと特徴を紹介します。

まずはマットレスの種類を確認

マットレスは、コイルの形状や有無、反発力に応じて種類が分けられています。長持ちする条件は、マットレスの種類ごとに異なるため、選び方のコツを見る前に一般的なマットレスを種類別に見ていきましょう。 コイルを使用しているマットレスには、スプリングの反発力や配置方法などに応じて種類分けされた、ボンネルコイル型とポケットコイル型があります。  
ボンネルコイル型 セミダブルベッドやダブルベッドでも価格が安く、長持ちしやすい、手入れが簡単といった特徴を持つので、コスパの良いマットレスを検討されている人におすすめです。
ポケットコイル型軽い、薄い、寝心地硬め、体重が分散しやすいといった特徴を持つので、硬めのベッドを好む、あるいは肩こりや腰痛対策を必要とする方などに安心しておすすめできるマットレスです。
コイルが入っていないマットレス 体重がかかった時の復元力や反発力によって種類分けされており、素材はウレタン、もしくはファイバーとなっています。いずれも軽い、安い、収納しやすいといった特徴を持っているので、コスパを重視する一人暮らしの方におすすめです。
高反発型マットレス 硬めの寝心地で、コイルレス型としては長持ちすることから、コイルの反発力が気になる人におすすめです。低反発型マットレスは激安価格の品があることと、やわらかい寝心地が特徴なので、硬めの布団だと快眠できないという方におすすめできます。

厚みのあるマットレスを選ぼう

マットレスの厚みは、寝心地の快適さを判断できる要素です。使用者の体格に対してマットレスに充分な厚みがないと寝心地が悪く、長持ちもしづらいのでおすすめはできません。厚みがあるマットレスは長持ちしやすいのですが、使う生地の量に比例して価格は高くなります。高級であるぶん寝心地は良いので、予算に余裕がある場合は高価な物を検討してみるのも良いでしょう。

安価でコスパの良いマットレスを探す場合、スプリングを用いたマットレスであれば全高25㎝、クッション部分6㎝ほどが低価格で、長持ちもするのでおすすめできるサイズです。

コイル無しマットレスであれば、使用者の体重次第でおすすめの厚みは異なってきます。体重40㎏なら厚み7㎝、体重70㎏なら厚み10㎝ほどのマットレスであれば寝心地が良く、長持ちもするのでおすすめです。

なお、腰痛持ちの方には固めのポケットコイル型、もしくは高反発型マットレスが市場で高い人気を集めているのでおすすめです。

なかでも、オススメなのが高反発マットレスの「雲のやすらぎプレミアム」です。厚さは17㎝もあり、5層構造になっているので、睡眠時の体を理想的な形で支えてくれます。さらに、リバーシブル仕様となっており、季節に応じて使う面を変えれば春夏と秋冬で快適に使用できます。

できるだけ高密度のものがおすすめ

確実に長持ちするマットレスを購入するには、密度に注目して選ぶことをおすすめします。密度が高いほど高級なマットレスであり、良い寝心地が長持ちしやすいといえます。

コイル入りマットレスの場合、スプリングの炭素保有量が70を上回っていれば良い製品で、長持ちするといえます。80に近いものはとくに長持ちしやすく、おすすめです。ただし、炭素保有量はメーカーが掲載する義務はない情報です。密度は寝心地や厚みなどで判断するのは困難な要素なので、もし掲載されていなければ必要に応じて布団販売メーカーに直接質問することをおすすめします。

一方、コイル無しマットレスであれば、”D(kg/m3)”という項目を見て長持ちするか確認するのがおすすめです。数値が高いほど、マットレスの寿命は長持ちするといえます。一流メーカーが販売する30D以上のマットレスなら、約5〜10年ほどは使用できる高級品なので、長持ちするマットレスを選びたい方には30D以上をおすすめします。

この観点でも、雲のやすらぎプレミアムは35D(kg/m3)と高品質です。日本の第三者機関にて80,000回の繰り返しし圧縮試験を行なった結果、厚みの低下は0.1%という検査結果がでていることからも、長持ちするマットレスであると言えます。

なお、腰痛持ちの人は快適な寝心地を長持ちさせやすい30D以上を購入することをおすすめします。

折りたたみ型マットレスのメリット・デメリット

ほとんどのマットレスは一体型ですが、使う人の状況によっては折りたたみ型マットレスが一番おすすめな場合もあります。折りたたみ型は、収納しやすく販売価格が安いことから、手軽さを重視する一人暮らし、もしくは寝具を収納する場所が不足している家にはおすすめです。 また、折りたたみ型はパーツを個別に交換できるので、一体型マットレスよりも長持ちするというのもおすすめできる点です。 価格が安い、長持ちするという2つの利点を両立した折りたたみ型マットレスは市場で人気を集めつつあります。 折りたたみ型マットレスは畳むと敷布団に近いサイズになるので、使わないときは畳んで収納できる点もメリットといえるでしょう。さらに、シングルサイズであれば約6Kgと、ほとんどの敷布団と変わらない程度の軽さであることも特徴です。 マットレスの下にはカビが発生することがありますが、折りたたみ型であればベッドごと手軽に動かして湿気を逃がせます。定期的にベッド本体を動かすことで、寝具を乾かして長持ちさせることができます。湿気やカビ対策に悩む方には、折りたたみ型マットレスがおすすめです。 一方、腰痛の方が折りたたみ型マットレスを使うと、腰痛が悪化する可能性があるので注意が必要です。パーツの継ぎ目に腰が当たると体重が集中してしまうので、寝心地が悪くなってしまいます。 腰痛の方がマットレスを選ぶ際は一体型マットレス、もしくは継ぎ目が腰に当たらないマットレスがおすすめです。腰痛を悪化させないようにするには、一部分に体重が集中しやすい折りたたみ型マットレスはなるべく避けることをおすすめします。

マットレスを長持ちさせるためにおすすめのお手入れ方法

長持ちしやすいマットレスを購入することと、長持ちするようにマットレスをお手入れすることは同じくらい大事な要素です。寝具を長持ちさせるお手入れをご紹介します。 マットレスの寿命を長持ちさせるには、およそワンシーズンごとにマットレスを上下逆、あるいは裏表反対に置き換えながら使う方法がおすすめです。体重がかかる場所は劣化が早まるので、マットレスの置き方を定期的に変えることでマットレス全体を均等に使えます。その結果、いっそう長持ちするようになります。 マットレスの品質を長持ちさせるには、敷きパッドやベッドカバーを1週間に1度は洗うようにしましょう。マットレスに細かい汚れが蓄積していると、寝心地の快適さを損なうだけでなく、ダニやカビの原因になります。マットレスをこまめに手入れすることで、良い寝心地、マットレスの寿命の両方を長持ちさせることができます。 日ごろから小まめに手入れすることが、マットレスを長持ちさせるうえで最も確実で、おすすめできる方法です。
タイトルとURLをコピーしました