人気販売メーカーの快適な睡眠に良い畳・床・フローリング用敷布団

敷き布団におすすめのマットレスの選び方!快眠寝具の購入ポイント
マットレス
最近はベッドで寝る人が増えてきていますが、敷き布団やマットレスを、畳やフローリングに敷いているという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、敷き布団や直敷きマットレスを購入・買い替え予定の方のために、おすすめの選び方をまとめました。敷き布団とマットレスの違いも比較しながら、あなたに合うおすすめの寝具を探していきましょう。

敷き布団や直敷きマットレスで寝るメリットと注意点

まずは、ベッドと比較しながら、敷き布団や直敷きマットレスのメリットとデメリットを見ていきましょう。

敷き布団・直敷きマットレスのメリット

敷き布団や直敷きマットレスは、ベッドと比較して以下の点がおすすめです。
  • 部屋を広く使える
  • 移動しやすい
  • ベッドを購入するよりも安い
  • 身体をしっかり支える

部屋を広く使える

ベッドの場合は、ベッドのスペースを確保する必要があります。一方、敷き布団や直敷きマットレスは収納できるので、部屋が狭いという方も空間を広く使えておすすめです。

移動しやすい

ベッドは場所が固定されていますが、敷き布団や直敷きマットレスは寝る場所を変えやすいという点もおすすめです。エアコンの風を避けて寝る時や、模様替え時に移動しやすいというおすすめのポイントがあります。

ベッドを購入するよりも安い

ベッドで寝るには、マットレスだけではなくベッドフレームを購入する必要があります。一方、床に敷き布団やマットレスを敷く場合は大型家具の購入が不要で、ベッドよりも価格が抑えられる点がおすすめです。

さらに、引っ越し料金も、敷き布団やマットレスのみの方が安いことがあります。ベッドは大型家具として追加費用がかかる場合もあるため、引っ越しが多い方は敷き布団や直敷きマットレスで寝ることをおすすめします。

身体をしっかり支える

ベッドはマットレスの下が空洞になっていますが、敷き布団やマットレスを直敷きする場合は、床が身体をしっかり支えてくれます。この時、寝姿勢を維持しやすくなるので、身体にこりや痛みの症状がある方に特におすすめです。

敷き布団・直敷きマットレスのデメリット

敷き布団やマットレスの直敷きにはおすすめのポイントもある一方で、注意するべき点もあります。敷き布団やマットレスを直敷きで寝る時は、以下に気を付けましょう。
  • 寝床内の温度を保つ
  • 通気性を良くする

寝床内の温度を保つ

敷き布団やマットレスを直敷きすると、床の冷えが身体に伝わりやすくなります。そのため、保温性の高い素材の敷布団やマットレスを選び、寝床内を適度な温度に保つことがおすすめです

通気性を良くする

敷き布団やマットレスを直敷きで敷きっぱなしにしていると、湿気がこもりやすく、カビなどの原因になります。すのこや除湿シートを敷いたり、時々天日干しにすることをおすすめします


ここまで、ベッドと、床で敷き布団や直きマットレスに寝ることの違いを説明しました。次の項目では、敷き布団と直敷きマットレスの違いを見ていきましょう。

敷き布団とマットレスを比較!おすすめの種類は?

敷き布団とマットレスには、以下のような違いがあります。
使い方
敷き布団 畳やフローリングに直敷き
マットレス ベッドフレームの上に敷く
畳やフローリングに直敷き
敷き布団は床に敷く寝具であることに対して、マットレスは、ベッドの上に置くことも、床に直敷きすることも可能です。敷き布団の種類にマットレスが含まれていたり、逆にマットレスによっては「敷き布団」と呼ぶこともあります。

このように、敷き布団とマットレスは近い意味がありますが、今回は、別々にご紹介しながら、それぞれどのような人におすすめなのかを見ていきましょう。

敷き布団の種類とおすすめの人

敷き布団には、昔ながらの「固面敷き布団」と、マットレスに近い「機能性敷き布団」があります。
メリット デメリット
固面敷き布団 厚みがある、丈夫 重い
機能性敷き布団(マットレス) 腰痛など身体のこりや痛みがある人におすすめ
「布団の寝心地が好き」という人には、固面敷き布団がおすすめです。一方、腰痛の人は、体圧分散機能(身体の体重を分散する性質)を備えた、機能性敷き布団(マットレス)をおすすめします


敷き布団には、以下のような素材があります。それぞれのおすすめのポイントと注意点をまとめました。
素材 メリット デメリット おすすめの人
天然素材 木綿 吸湿性が良い
身体に優しい
湿気に弱い
重い
昔ながらの布団が良い人
羊毛 通気性が良い ダニがつきやすい
高価
柔らかめでへたりやすい
柔らかめの天然素材が良い人
化学繊維 ウレタン 体圧分散性が高い
へたりにくい
ダニに強い
通気性が悪い 身体にこりや痛みがある人
ポリエステル 値段が安い
軽量
吸湿性・放湿性が悪い 安い敷き布団が良い人

マットレスの種類とおすすめの人

今度は、マットレスの種類とおすすめの人を見ていきましょう。

マットレスには、「敷き布団」の種類としてご紹介した機能性敷き布団や、高級ホテルで使用されているもの、コンパクトな折りたたみ式マットレスなど色々な商品がありますが、一般的には以下の4種類に分けることができます。
タイプ種類メリットデメリットおすすめの人
コイルボンネルコイル価格が安い
硬めで寝返りしやすい
耐久性が高い
通気性が良い
音・振動が伝わる
身体に負荷がかかりやすい
重い
格安のベッドマットレスが良い人
ポケットコイル振動が伝わりづらい
軽量
身体に負荷がかかりにくい
価格が高い
身体が沈みすぎることがある
高品質のベッドマットレスが良い人
ノンコイル高反発価格が安い
軽量
寝返りしやすい
身体に負荷がかかりにくい
洗える場合がある
寿命が早い
通気性が劣る
腰痛の人
低反発価格が安い
軽量
洗える場合がある
身体に負荷がかかりやすい
寿命が早い
通気性が劣る
柔らかい寝心地が好きな人
ベッドマットレスはコイル系、床に敷く場合はノンコイル系のマットレスを選ぶ人が多いですが、どのマットレスも直敷きマットレスとして使うことが可能です。


このように、敷き布団やマットレスは、それぞれおすすめのポイントが違います。「おすすめの人」を参考に、自分に合う敷き布団・マットレスを選ぶことがおすすめです。

そして、どのような敷き布団やマットレスを選ぶ場合にも共通する、おすすめの選び方のポイントがあります。そこで、次の項目では、敷き布団やマットレスのおすすめの選び方を見ていきましょう。

おすすめの選び方~3つの要素と評価ポイントを紹介~

それでは、敷き布団・マットレスのおすすめの選び方をご紹介していきましょう。

おすすめの敷き布団・マットレスの3要素

まずは、おすすめの敷き布団・マットレスの要素を見ていきたいと思います。おすすめの敷布団・マットレスとは、以下の3つの要素を満たす敷き布団・マットレスです。
  • 正しい寝姿勢を維持できる
  • 寝返りが打ちやすい
  • 耐久性が高い

正しい寝姿勢を維持できる

正しい寝姿勢とは、真っ直ぐ立った時のように、背骨がS字カーブを描く姿勢です。

敷き布団やマットレスの上で正しい寝姿勢を維持できると、身体の負荷が分散されやすくなります。寝姿勢が崩れると、身体の一部に負担が集中して、身体のこりや痛みの原因になることがあります。そのため、敷き布団やマットレスを購入する時は、正しい寝姿勢が保てるかどうかを確認することがおすすめです。

寝返りが打ちやすい

敷き布団やマットレスに寝ると、身体の部位によってかかる負荷が違います。この負担を分散するのが、寝返りを打つことです。

寝返りしにくい敷き布団やマットレスは、身体の特定の部分に負担がかかりやすくなるため、寝返りしやすい敷き布団やマットレスを選ぶことがおすすめです。

耐久性が高い

耐久性が高い敷き布団やマットレスは、長く使えてコスパが良いためおすすめです。さらに、敷き布団やマットレスがへたりにくいと寝姿勢や寝返りをサポートできる状態が続くので、敷き布団やマットレスを購入する時は耐久性を確認することをおすすめします。


それでは、今挙げたおすすめの要素を満たす敷布団やマットレスを探す時に、確認するべきポイントをみていきましょう。

おすすめの要素を満たす敷き布団・マットレスの確認ポイント

敷き布団やマットレスを購入する時は、以下のポイントを確認して選ぶことをおすすめします。
  • 硬さ
  • サイズ
  • 厚み
  • 密度

硬さ:おすすめは、体圧分散に優れ、寝返りしやすい硬さ

寝姿勢や寝返りをサポートできる敷き布団やマットレスを選ぶためには、敷き布団やマットレスの硬さを確認することがおすすめです。敷き布団やマットレスが硬すぎると、背中が浮くような姿勢になってしまい、逆に柔らかすぎると、身体が沈みすぎて寝返りが打ちにくくなったりします。そのため、適度な硬さの敷き布団やマットレスがおすすめです。

敷き布団やマットレスのおすすめの硬さは、体重によって違います。目安を以下にまとめました。
体重目安
~50kg100N~140N
50kg~80kg140N~170N
80kg~170N~

サイズ:寝返りしやすい幅がおすすめ

敷き布団やマットレスは、自分に合うサイズを選ぶことがおすすめです。十分な幅のある敷き布団やマットレスによって、寝返りしやすくなります。自分の身体の幅+30cm以上がおすすめのサイズです。

一般的な敷き布団・マットレスのサイズを以下にまとめました。
サイズの名称幅(目安)長さ
セミシングル80cm195cm
シングル100cm
セミダブル120cm
ダブル140cm
クイーン160~170cm
キング180cm

厚み:おすすめは厚めの敷き布団・マットレス

厚みのある敷き布団やマットレスは、へたりにくく耐久性が高いため、おすすめです。厚みが8cm以上ある敷き布団やマットレスをおすすめします

密度:密度が高い敷き布団・マットレスは耐久性が高い

敷き布団やマットレスの密度も、耐久性を比較する時の指標として確認することがおすすめです。密度が高い敷き布団やマットレスほど、耐久性が高くなります。

密度はD(kg/㎥)という単位で比較することができ、30D以上(できれば35D以上)の敷布団やマットレスがおすすめです。


以上のポイントを押さえて、あなたに合う敷き布団やマットレスを購入する際の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました