口コミ高評価で値段もお得!コスパの良い人気の安眠ピロー・マクラ

安い枕のおすすめの選び方!低価格の快眠寝具の購入方法を解説
普段、何気なく使っている枕。買い替える時も「とりあえず安いものが良い」という人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、枕は、実は睡眠において大事な役割を果たしているので、こだわることがおすすめです。単に値段だけを比較して安い商品を購入するのではなく、自分に合う枕の選び方を押さえた上で、できるだけ安い価格で購入することをおすすめします

本日は、安いプチプラ枕から高級枕まで、違いや価格を比較しながら、良い枕のおすすめの選び方をご紹介します。高品質で安い枕を選ぶ参考になれば幸いです。

「安い枕」って一体いくら?価格相場まとめとおすすめの値段

安い価格で自分に合う枕を購入するには、相場と、枕の品質をチェックすることがおすすめです。そこで、市販の枕の価格相場を見ていきましょう。
プチプラの安い枕 寝具メーカーの枕
価格相場 1,000円~5,000円 15,000円~20,000円
枕の価格は、プチプラの安い枕と、寝具メーカーが販売している枕で相場が違います。プチプラの枕の価格相場は比較的安いです。一方、寝具メーカーの枕には、高級ホテルなどで使われている有名ブランドの枕や、機能性枕を重視した枕も多いです。

どちらのタイプの枕を選ぶ場合も、平均相場と比較してあまりにも値段が安い場合、購入する前に、その枕が自分に合っているかどうかをきちんと確認することがおすすめです。

自分に合う枕は、身体のこりや痛み、疲れの解消などの健康をサポートします。逆に、自分に合わない枕で寝ると、頭痛や首・肩こりの原因になることもあります。そのため、いくら値段が安い枕でも、寝心地を損なう可能性のあるような枕はおすすめしません。枕を購入する時は、単純に安いかどうかだけではなく、快適な睡眠をサポートする品質かどうかを確認することをおすすめします。


それでは、値段が安いかどうかと併せて確認するべき、枕のおすすめの選び方を次の項目でご紹介しましょう。

安いだけではだめ!良い枕を選ぶ時におすすめのポイント

値段が安いかどうかと合わせて確認するべきポイントは、大きく以下の2つです。
  • 正しい寝姿勢を維持できる枕かどうか
  • 寝返りが打ちやすい枕かどうか

正しい寝姿勢を維持できる枕かどうか

正しい寝姿勢とは、背骨がゆるやかなS字カーブを描いていて、身体に力が入っていない姿勢です。この姿勢をきちんと維持できる枕がおすすめです。価格を重視する場合も、寝姿勢を保てる枕かどうかを確認した上で安い枕を購入することがおすすめです。

寝返りが打ちやすい枕かどうか

睡眠中は、20~30回の寝返りを打つことによって身体にかかる体重を分散します。寝返りを打たないと血流が滞り首・肩こりの原因になるため、寝返りの打ちやすい枕を選ぶことをおすすめします。


それでは、寝姿勢と寝返りをサポートする枕を選ぶための、確認ポイントをご紹介しましょう。

購入時に確認するべきおすすめの4つの要素

枕を購入する時に確認するべきおすすめのポイントは、以下の4つです。
  • 高さ
  • 硬さ
  • サイズ
  • 形状

寝姿勢をサポートする高さ

安い枕を購入する時は、その枕が自分に合う高さ(正しい寝姿勢を維持できる高さ)かどうかを確認することをおすすめします。自分に合う高さは、仰向けになり首の隙間が埋まる高さを測って調べる方法がおすすめです。

適度な硬さで安い素材を

枕には様々な素材がありますが、寝姿勢を維持できる硬さの素材がおすすめです。おすすめの枕の硬さは、頭の形や重さによって人それぞれ違います。柔らかすぎて頭が沈んでしまったり、逆に硬すぎて首が浮いてしまったりしない、適度な硬さの素材がおすすめです。

今回は、枕の素材を、値段と硬さに分けてまとめました。
安い 高い
硬め そば殻、パイプ 低反発・高反発ウレタン
柔らかめ ポリエステル、綿 羽毛、フェザー
そば殻やパイプは、比較的値段が安い素材かつ硬めでおすすめです。ただし、寝返りを打つ時に音が出るため、気になる人は、柔らかめの素材で値段が安いポリエステルや綿素材の枕を検討することもおすすめします。

おすすめは寝返りの打ちやすいサイズ

サイズが小さい枕ほど価格が安いことがありますが、サイズを見ずに安い枕を選ぶのではなく、まずは適切な枕のサイズを確認することがおすすめです。一般的な枕のサイズとおすすめの人は以下の通りです。
区分サイズおすすめの人
大きめ50×70大柄な人、寝返りが多い人
標準43×63中柄の人
小さめ35×50
小柄な人、寝返りが少ない人
枕の幅が大きいと寝返りが打ちやすくなります。体格によっても違いますが、寝返りしやすいおすすめのサイズは少なくとも50cm以上です。安い枕を購入する時は、十分な幅があるかどうか確認することをおすすめします。

枕には寝返りの打ちやすいおすすめの形状がある

値段が安い・高いに関わらず、一般的には中央が高い形の枕が多いです。ただし、この形は寝返りを打つ時に頭が落ちやすいため、以下のような形の枕を選ぶこともおすすめです。

両サイドが高いタイプ

中央が低く、両サイドが高い枕だと、寝返りを打っても後頭部が落ちないように支えてくれるのでおすすめです。

首周りが高いタイプ

頚椎の部分がS字に盛り上がっている枕は、横向きで寝た時に首を支えやすいです。横向き寝が多い人に特におすすめの枕です。


以上の4つのポイントを確認の上で、快適な枕をできるだけ安い価格で購入することがおすすめです。相場よりも安い価格で良い枕を見つける参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました