不眠症の方に人気のマットレスや枕、遮光アイマスクでリラックス

快眠グッズまとめ~プレゼントにもおすすめの最新アイテム一覧~
快眠
「最近仕事が忙しい」「ここのところ、ぐっすり眠れていない感じがする」

ストレスを抱えがちな昨今、効果的な睡眠をとれていますか?

睡眠を改善できれば、日常生活をエネルギッシュに過ごすことができます。そして、快眠グッズと呼ばれるものは、効果的な睡眠をサポートする可能性があります

この記事では、良い睡眠のポイントを紹介しながら、効果的な快眠グッズをまとめました。最新のものからプレゼントにもおすすめの快眠グッズもありますよ。

皆さんの睡眠環境に、今回ご紹介するおすすめ快眠グッズを取り入れてみてください。

エネルギッシュに過ごすために良い睡眠は欠かせない

快眠グッズを取り入れて、効果的な睡眠をとるためにも、まずは良い睡眠と不眠について理解を深めましょう。

快眠とはどんな状態?

まずは、「良い睡眠とは何か?」という点をご説明していきたいと思います。

良い睡眠とは、熟睡を実感できる質の高い睡眠のこと。そして、良い睡眠は、身体面と精神面に良い影響を与えます。

良い睡眠で得られる日常生活のメリット①身体面

良い睡眠をとっているとエネルギッシュに過ごすことができます。ノンレム睡眠(※)で多く分泌される成長ホルモンが身体を修復し、疲労をとってくれるからです。

疲労が取れれば、例えば仕事中のモチベーションが高まります。スッキリと目覚め、集中力・注意力が必要な作業を効率よく進める事ができるでしょう。

なお、成長ホルモンは脂肪を燃焼させる効果があるので、美顔やダイエットにも効果的です。

※睡眠には「レム睡眠」・「ノンレム睡眠」の2種類があります。 レム睡眠は「浅い睡眠で、身体は眠っていても脳が覚醒時に近い状態」、ノンレム睡眠は「身体も脳も熟睡している状態」です。通常、レム睡眠時に起床すればすっきり目覚めることができ、ノンレム睡眠時は成長ホルモンが大量に分泌されると言われています。

良い睡眠で得られる日常生活のメリット②精神面

深い睡眠で脳が休まると、情報が整理されて記憶が定着しやすくなります

また、大脳のニューロンの興奮が抑えられると、ストレスが低減されます。イライラや不安感などをコントロールできれば、精神が落ち着きますね。ストレスが緩和されれば、対人関係も良好になります。


このように、良い睡眠には様々なメリットがあります。一方、寝つきが悪くなる・睡眠中に起きてしまう、などの不眠状態の場合、疲れが取れず、目覚めもすっきりしないでしょう。

不眠の原因とは

不眠はなぜ起きるのでしょうか。一般的に、不眠の原因は複数のファクターが混在しがちです。例えば、生活習慣の乱れや身体の病気、心配事やストレス、夏・冬の温度環境があります。


こうした不眠の症状でお悩みの方は、男性女性を問わず効果的な快眠グッズを取り入れて、良い睡眠につなげたいですね。それでは、良い睡眠を得るための快眠グッズの選び方のポイントを、次の項目でご紹介していきましょう。

どんな快眠グッズが効果的?快眠のためのポイントとは

良い睡眠には、睡眠に至るまでの「寝つき」が大切です。そこで、自分の睡眠環境に合ったおすすめ快眠グッズを上手に選ぶためにも、良い寝つきにつなげるコツを整理しましょう。

目覚めは明るく、入眠時は暗く!目に入る光を調節する

朝に光を浴びて、覚醒ホルモン「セロトニン」の分泌し、逆に夜には明かりを落として、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌を促進させると、睡眠サイクルが整い快眠に繋がります

通常、睡眠ホルモンは、起床時に光を浴びてから15時間程で分泌されます。パソコンやスマホから出るブルーライトや明るい光はメラトニンの分泌を阻害するので、遮光などの「視覚」をサポートする快眠グッズがおすすめです。
視覚をサポートする快眠グッズの例はこちら

睡眠の邪魔をせず、かつ自然な音が流れるようにする

睡眠時の騒音を遮断すると、睡眠に入りやすくなります。ただし「過度の」防音効果は注意が必要。住宅用火災報知器や目覚まし時計の音は聞こえるようにします。

また、無音状態では逆に寝つきにくくなることがあるので、自然な音を流すこともおすすめです。

このように、音をコントロールして「聴覚」をサポートするような快眠グッズがおすすめです。
聴覚をサポートする快眠グッズの例はこちら

リラックス効果のある香りでストレスを軽減

リラックス効果のある香りをかぐと、ホルモン・自律神経をコントロールする脳の視床下部に作用します。そのため、香りを得られる快眠グッズを選ぶこともおすすめです。

匂いをサポートする快眠グッズの例はこちら

睡眠に効果的な栄養素を摂取する

必須アミノ酸「トリプトファン」・非必須アミノ酸「グリシン」は、良い睡眠をサポートする栄養素と言われているので、これらを含む食べ物を摂ることをおすすめします。身体に取り入れる快眠グッズとも言えるでしょう。
栄養素をサポートする快眠グッズの例はこちら

温湿度などの睡眠環境を調整する

体内深部の体温が下がると、深い睡眠に入りやすいです。就寝前に入浴するなどして体温を上げておくと、温度の落差が発生して、睡眠につながります。

また、睡眠中は汗をかくため、睡眠中に寝具内の温湿度を調節できる快眠グッズがおすすめです。
温湿度をサポートする快眠グッズの例はこちら


それでは、ここまでご紹介したような睡眠のコツをサポートする具体的な快眠グッズを、次の項目でご紹介していきましょう。


おすすめ快眠グッズと値段相場の一覧

良い睡眠につながる快眠グッズはたくさんあります。今回は、3つのシチュエーションに分けておすすめの快眠グッズをご紹介します。

目覚ましライト・アイマスク・遮光カーテン

視覚をサポートする快眠グッズとしては「目覚めに良い快眠グッズ」か「眠りに入りやすい遮光効果のある快眠グッズ」がおすすめです。

まず、起床に利用したい快眠グッズが「目覚ましライト」。設定した時刻が近づくと徐々に明るくなり、遮光カーテンがあっても、光の刺激で目覚めることができる快眠グッズです。 相場は3,000円台~10,000円台。ショッピングサイトの口コミ・ランキングを参考に比較すると良いでしょう。

一方、遮光効果を持つ快眠グッズでは「アイマスク」や「遮光カーテン」がおすすめです。

「アイマスク」は、生活雑貨の専門店や100均ショップで購入できます。キャラクター付きのかわいいアイマスクや、ヒーター内蔵でホットアイマスクになるもの、マッサージ機能付きなどリラックス効果の高いアイマスクなど種類も豊富。家族・友人へのプレゼントにもおすすめです。家電として、メンズ向けの機能性に富んだアイマスクもあります。この快眠グッズは、旅行先や昼寝でも、良い睡眠に効果を発揮するでしょう。

アイマスクの相場は、2,000円台から10,000円台です。最新のアイマスクは30,000円弱のものもあります。

「遮光カーテン」は、等級を選択する快眠グッズです。遮光カーテンのブランドは様々で、価格はホームセンターで3,000円前後~。家具専門店・カーテン専門店のオーダーでは安いものでも10,000円超で販売されています。

耳栓

防音効果のある快眠グッズとしておすすめなのは、「耳栓」。「耳栓」は持ち運びが可能で、音が気になる電車でも旅行先でも効果を期待できます。

また、耳栓は、家族のいびきが気になるという方にも快眠グッズです。ただし、自分のいびきの音が気になるという方は、「鼻腔拡張」効果のあるテープでいびき防止対策をすることもおすすめ。

これらの快眠グッズは、薬局などで購入できます。防音に効果的な快眠グッズで、良質な睡眠を味わいましょう。

アロマオイル・ルームスプレー・紅茶

アロマ効果のある「アロマオイル」「ルームスプレー」「紅茶」などは、香りでリラックスできる快眠グッズとしておすすめ。

特に、ラベンダーやカモミールなどのハーブ系の香りは、不安や不眠に効果的と言われる快眠グッズです。ネットショップでも手に入りますが、実店舗でテスターを嗅ぐのもおすすめです。

食品・サプリ

栄養素をサポートする快眠グッズとして、トリプトファンとグリシンを含む「食品」の摂取をおすすめします。これらの栄養素は、魚介類・肉類・豆類・乳製品などに含まれています

また、市販の「サプリ」も栄養素をサポートする快眠グッズとしておすすめです。

マットレスなどの寝具

寝具には、マットレス・シーツ・掛敷布団・枕・枕カバーなどがありますが、睡眠環境を整えてくれる寝具が快眠グッズとしておすすめです。

暑すぎる・寒すぎる睡眠環境だと熟睡できなかったり、体の防御反応で不自然な寝相になったりします。そのため、寝具の快眠グッズは、通気性・吸水性・吸放湿性に優れたものがおすすめ。熱が溜まりにくく、汗による湿気も解消できるでしょう。

ちなみに、寝具の中でもマットレスや枕は、温湿度だけでなく身体にフィットするかどうかを重視することも快眠グッズとして重視するべきポイントです。

マットレスや枕などの快眠グッズは、主に家具専門店や寝具メーカーで選ぶことができますが、ブランドによって材質・硬さ・高さなどは千差万別です。一方で、睡眠時の姿勢や身体付きも人それぞれ。そのため、自分の身体にフィットして良い寝姿勢を保てる寝心地の良い寝具が、良い睡眠につながる快眠グッズといえるでしょう。

マットレスや枕などの快眠グッズの選び方は以下により具体的にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

マットレス
おすすめマットレスの選び方~寝心地よく快眠できる寝具を選ぶ~
マットレスのおすすめの選び方を解説しています。マットレスの種類をご紹介しながら、素材やサイズ、選び方のポイントなど、これから新しいものを購入予定の方が知っておくべきおすすめの情報をまとめているので、参考にしてみてください。
おすすめ枕の選び方!快眠で頭痛や首肩こり、いびきに悩まず健康に
快眠のためのおすすめの枕の選び方を解説しています。高さ・硬さ・サイズなどの選び方のポイントや、身体の症状別におすすめの枕の選び方をご紹介しているので、買い替えの前にぜひご一読ください。
タイトルとURLをコピーしました