口コミ評価が高くレビューや評判が良い人気の健康商品の効果は?

快眠マットレス・布団の選び方まとめ!おすすめの寝具の特徴とは
快眠
世の中には様々な快眠グッズが販売されていますが、マットレスや布団も、睡眠の質に大きく影響する製品です。そのため、具体的にどのようなマットレスや布団が快眠に繋がるのか、しっかり押さえた上で購入することが大切です。

そこで、今回は、おすすめのマットレス・布団の選び方をご紹介します。まずは、快眠できる寝具の特徴から見ていきましょう。

快眠できる寝具とは?特徴を紹介

快眠におすすめのマットレスや布団の選び方を紹介するにあたって、まずは、そもそもどのような環境であれば快眠に繋がりやすいかという点を説明します。マットレスや布団を購入する際は、以下2つの快眠のポイントを抑えることがおすすめです。
  • 適度な温度・湿度
  • マットレスや布団の寝心地

快眠のポイント①適度な温度・湿度

快眠の条件は、人間の五感に関係します。この五感のうちの1つ「触覚」における快眠のポイントは、睡眠環境を適度な温度と湿度に整えることです。快眠に繋がりやすい温度や湿度は、マットレスや布団によって変わることがあります。

快眠におすすめの寝床環境は、温度33℃・湿度50%前後が目安です。睡眠中は体温が下がるので、保温性の高いマットレスや布団が快眠に繋がりやすいです。また、体温が下がるということは身体が放熱している状態なので、睡眠中は汗をかきます。そこで、快眠のためには、通気性の良いマットレスや布団を選ぶことがおすすめです。

快眠のポイント②マットレスや布団の寝心地

快眠のためには、寝心地の良いマットレスや布団を選ぶこともおすすめです。具体的には「正しい寝姿勢がとれるか」と「寝返りしやすいか」という2点が、快眠に効果的な寝心地の決め手になります

正しい寝姿勢がとれるか

「正しい寝姿勢」とは、仰向け時に背骨が緩やかなS字カーブを描いていて、横向き時に背骨が真っ直ぐになる姿勢です。睡眠中の寝姿勢が崩れると、身体のこりや痛みの原因になることがあるため、快眠と健康のためにも、寝姿勢を維持できるマットレスや布団を選ぶことをおすすめします。

寝返りしやすいか

睡眠中は、寝返りによって身体にかかる負荷を分散します。寝返りしにくいマットレスや布団で寝ると、腰などの沈みやすい部分に負担が集中して、腰痛になることなどがあります。寝返りしやすいマットレスや布団で、快眠に繋げましょう。

マットレスと布団の違い!おすすめはどっち?

「マットレスと布団、どちらが快眠できるの?」と思われている人もいらっしゃるかもしれません。マットレスと布団は、それぞれメリットとデメリットがあります。どちらも確認の上で、自分に合っていて快眠できると感じる方を選ぶことがおすすめです。マットレスと布団を比較しながら、それぞれの特徴を見ていきましょう。

マットレスと布団の違いとは

マットレスと布団の違いは、以下の通りです。
マットレス 布団
使い方 ベッドフレームの上に敷く
畳やフローリングに直敷き
畳やフローリングに直敷き
マットレスは、ベッドで利用する場合もあれば、床に敷いて使うこともあります。一方、布団は、床に敷く人が多いのではないでしょうか。これを踏まえると、マットレスと布団の使い方は、以下のように分けることができます。
  • ベッドで寝る:ベッドマットレスを使用
  • 床で寝る:マットレスか布団を使用
それぞれのメリットとデメリットを「快眠できるか?」というポイントを中心に比較してみましょう。
ベッドマットレス 床にマットレス
メリット 床の冷えが身体に伝わりにくい
通気性が良い
ホコリを避けやすい
身体を支えやすい
寝る場所を変えやすい
デメリット 床と比較するとやや不安定
床の冷えが身体に伝わりやすい
湿気に弱い
ホコリがつきやすい

ベッドで寝るメリット・デメリット

ベッドで寝ると、身体と床の間に距離ができるため、「床の冷えが身体に伝わりにくい」「湿気がこもりにくい」「ホコリを防ぎやすい」など、快眠に繋がる良い点があります。快眠の条件として寝床温度・湿度が大切なので、ベッドには快眠に繋がるメリットがあると言えるでしょう。快眠以外にも、ベッドには、マットレスや布団の上げ下ろしが不要などのメリットもあります。

一方、ベッドは、床と比較すると身体を支える面が少ないです。身体を支えて快眠に繋げるためにも、ベッド用のマットレスを購入する時は、床で寝る時以上にしっかりしたマットレスを選ぶことをおすすめします

床で寝るメリット・デメリット

床にマットレスや布団を敷いて寝ると、床が身体を支えてくれるので、寝姿勢をサポートしやすいです。腰痛など身体にこりや痛みがある人は、特に正しい寝姿勢で快眠することが大切なので、畳やフローリングで寝ることも良いでしょう。

また、直敷きのマットレスや布団は寝る場所を変えやすいので「エアコンの風を避けたい」などの場合に移動しやすいため、快眠のために効果的な環境を整えやすいと言えるでしょう。

しかし、直敷きのマットレスや布団は、冬場に床が冷えた時に、冷えが体に伝わりやすかったり、マットレスや布団の間に空間がないため通気性が悪くなったりします。マットレスや布団を直敷きする場合は、保温性の高い素材を選んだり、敷きパッドやすのこを利用して通気性を向上させることが、快眠に繋がりやすいです。

直敷きマットレスと布団はどっちが快眠できる?

「直敷きマットレスと布団、どちらが快眠に繋がるか」は、人それぞれ違います。腰痛の人は、機能性マットレスと呼ばれるようなマットレスが快眠に繋がりやすいことがあります。一方で、昔ながらの布団の方が快眠できると言う人もいるでしょう。

そもそも、直敷きマットレスのことを「敷き布団」と呼ぶこともあり、マットレスと敷き布団はほとんど同じ意味を指すことがあります。


ここまで、マットレスと布団の違いを説明しましたが、実は、快眠におすすめのマットレスや布団の選び方には、共通の確認ポイントがあります。最後は、快眠のためのマットレスや布団の選び方を紹介しましょう。

快眠のためのマットレス・布団の選び方

快眠におすすめのマットレスや布団は、以下の2つのステップで選ぶことがおすすめです。
  • マットレスや布団の種類を選ぶ
  • 選んだ種類のマットレス・布団の品質を確認する

マットレスや布団の種類を選ぶ

マットレスや布団の種類にはいくつかあり、どの種類が快眠できるておすすめかは、人によって違うことがあります。そこで、それぞれの種類とおすすめの人をまとめました。

マットレスの種類

マットレスの種類一覧は以下の通りです。それぞれのマットレスの特徴をまとめました。
タイプ種類おすすめの人
コイルボンネルコイル 硬めの方が快眠できる人
ポケットコイル 複数人で寝る人
ノンコイル高反発 腰痛の人
低反発 柔らかい方が快眠できる人
ボンネルコイルマットレス
スプリングが連結していているため、硬めで寝返りしやすいです。価格も安いので、「硬めの方が快眠できる」「快眠も大事だけど値段も抑えたい」という方におすすめです。ただし、硬すぎて背中が浮いてしまうことがあるので注意しましょう。

ポケットコイルマットレス
独立したスプリングが並んでいるマットレスです。寝返り時に振動が伝わりにくく、ギシギシという音もしにくいので、複数人で寝る人は快眠に繋がりやすいでしょう。身体が沈みすぎて寝姿勢が崩れることがあるので、寝心地を確認することがおすすめです。

高反発マットレス
反発力が高い素材のマットレスです。正しい寝姿勢を取りやすく寝返りしやすい、快眠におすすめのマットレスが多いです。身体にこりや痛みがある方は特におすすめです。通気性が気になる場合は、敷きパッドを利用することをおすすめします。

低反発マットレス
反発力が低い素材のマットレスです。柔らかい寝心地の方が快眠できるという人におすすめです。柔らかすぎて寝姿勢が崩れることがあるため、寝心地をよく確認しましょう。

布団の種類

布団には、大きく分けて「固面敷き布団」と「機能性敷き布団」の2種類があります。

固面敷き布団は、昔ながらの布団のことです。「布団らしい布団の方が快眠できる」という方は、寝姿勢を確認の上で固面敷き布団を選ぶと良いでしょう

機能性敷き布団は、体重を分散させる「体圧分散機能」を備えた布団のように、特定の性質に優れた布団のことです。機能性敷き布団は、マットレスとして販売されていることもあるので、マットレスの種類一覧を参考に選ぶことをおすすめします。

選んだ種類のマットレス・布団の品質を確認する

マットレスや布団の種類を選んだら、快眠に繋がる品質かどうかを確認することがおすすめです。快眠におすすめのマットレスや布団の品質の確認ポイントには硬さ・サイズ・厚み・密度などがあります。 詳しくは以下のページで解説しているので、ぜひ確認してみてください。
マットレス
おすすめマットレスの選び方~寝心地よく快眠できる寝具を選ぶ~
マットレスのおすすめの選び方を解説しています。

マットレスの種類をご紹介しながら、素材やサイズ、選び方のポイントなど、これから新しいものを購入予定の方が知っておくべきおすすめの情報をまとめているので、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました