首などの痛み解消で評価が高い快眠・安眠まくらピローを購入

安い価格で肩こり・ストレートネックにおすすめの枕の選び方
頭痛/首の痛み/肩こり
肩こりやストレートネックにお悩みで、枕の買い替えを検討されている人の中には「なるべく安い枕が良い」という人もいるでしょう。

しかし、肩こりやストレートネックの症状がある場合は、快適に寝ることができる枕かどうかを確認の上で価格を比較し、安いものを購入することが大切です

このページでは、肩こりやストレートネックにおすすめの枕の選び方のポイントと、安い価格の基準をご紹介します。できるだけ安い価格で、肩こりやストレートネックに良い枕を購入する参考になれば幸いです。

肩こり・ストレートネックの方は、安いだけではなく枕選びにこだわりを

安い枕をご紹介する前に、ますは肩こりやストレートネックの人に枕の見直しをおすすめする理由をご説明しておきましょう。

肩こり・ストレートネックの人に枕の見直しがおすすめの理由

肩こりやストレートネックの原因の多くは、首や肩に負担のかかる姿勢を長時間とることです。特に、前かがみの姿勢が続くと、筋肉が疲労し血流が悪くなって肩こりに繋がったり、ストレートネックになることがあります。

肩こりやストレートネックを解消するためには、適度に身体を動かし健康な生活を送ること、整体に通うことなど色々な対策がありますが、中でも大切なのが、姿勢の見直しです。日中の姿勢はもちろん、1日の3分の1を占めている睡眠中の寝姿勢も重要になります。

そして、睡眠中の寝心地をサポートするのが、枕やマットレスなどの寝具です。肩こりやストレートネックの場合、特に、頚椎をサポートする枕がおすすめです。肩こりやストレートネックに枕の見直しがおすすめするのはこのためです。

安い枕の中には、肩こり・ストレートネックの人にはおすすめではない枕もあります。そのため、肩こりやストレートネックの人は、とにかく安い枕を購入するのではなく、「肩こり・ストレートネック改善できる枕であるかどうか」を確認した上で安い枕を選ぶことをおすすめします


それでは、具体的にどのような枕が肩こりやストレートネックの人におすすめ、かつ安い値段で購入できるのかを、次の項目で見ていきましょう。

肩こり・ストレートネックの方におすすめの枕の選び方

肩こりやストレートネックの方におすすめなのは「正しい寝姿勢を維持できる」「寝返りが打ちやすい」という2つの特徴を持つ枕です。肩こりやストレートネックの人は、安い枕を購入する前に、まずこの2点を確認しましょう。

正しい寝姿勢を維持できるか

安い枕でも、寝姿勢が乱れてしまう枕はおすすめできません。肩こりやストレートネックには、正しい寝姿勢を維持できる安い枕がおすすめです。

睡眠中の正しい姿勢とは、仰向けに寝る時に、真っ直ぐ立った時と同じ状態で背骨がS字カーブを描いている姿勢です。横向きの時は、背骨が真っ直ぐになっている姿勢が理想です。

さらに、顔がやや足元を向くように5°程度の傾斜があると、首や肩に負担がかかりにくく、肩こりやストレートネックの人におすすめです。

寝返りが打ちやすいか

いくら安いからといって、寝返りの打ちにくい枕は避けましょう。

睡眠中の寝返りは身体にかかる負荷を分散する効果があります。首や肩への負担を軽減できるので、肩こりやストレートネックの人には寝返りを打ちやすい枕がおすすめです


ここからは、寝姿勢と寝返りをサポートする枕の確認ポイントを具体的にご説明していきましょう。

肩こり・ストレートネックにおすすめの枕の確認ポイント

肩こりやストレートネックの場合は、以下のポイントを確認の上で、安い枕を購入しましょう。
  • 高さ
  • 硬さ
  • サイズ

高さ:おすすめは首の隙間が埋まる高さの枕

価格が安い・高いに関わらず、枕には高さが高めの枕と低めの枕があります。

肩こりやストレートネックの人は、自分に合う高さの枕で寝姿勢を維持することが大切です。自分に合う枕の高さは、横になった時に首の隙間が埋まる高さを目安にすることをおすすめします

硬さ:適度に硬いそば殻・パイプ・ウレタンがおすすめ

正しい寝姿勢のためには、適度な硬さの枕がおすすめです。

枕が柔らかいと、頭が沈んでしまいます。一方で、枕があまりにも硬いと首が浮いてしまうので、クッション性も必要です。肩こりやストレートネックの場合は、やや硬めで適度にクッション性のある素材がおすすめです

枕の硬さは素材によって違い、素材によって値段が安い・高いという価格の違いもあります。ここで、枕の硬さと値段を比較してみましょう。
安い 高い
硬め そば殻、パイプ 低反発・高反発ウレタン
柔らかめ ポリエステル、綿 羽毛、フェザー
肩こりやストレートネックには、そば殻・パイプ・ウレタンなどの硬めの素材がおすすめです

安いのはそば殻やパイプです。ただし、寝返り時に音が出るのが気になる場合は、ウレタン素材もおすすめです。たしかに値段が安いのはそば殻やパイプですが、ウレタンは音が出ることがなく、肩こりやストレートネックにもおすすめの素材です。

サイズ:体格に合う寝返りの打ちやすいサイズを

小さいサイズの枕ほど価格が安い傾向がありますが「安いならどのサイズでも良い」というわけではなく、自分に合うサイズの枕を選ぶことがおすすめです。メーカーの一般的な枕のサイズは以下の通りです。
区分サイズおすすめの人
大きめ50×70大柄な人、寝返りが多い人
標準43×63中柄の人
小さめ35×50
小柄な人、寝返りが少ない人
大柄な人や子供などの寝返りが多い方は、特に大きいサイズの枕がおすすめです。自分に合うサイズから安い枕を選びましょう。

形:両サイドや首まわりが高い枕もおすすめ

安い枕も、高級な枕も、枕の形は中央が高いことが多いです。ただ、両サイドが高い枕や、首の部分が高い枕の方が、寝返りを打った時に首を支えやすいです。肩こりやストレートネックの人は、寝返りが打ちやすい形の枕を選ぶこともおすすめします。


肩こりやストレートネックの場合は、以上のポイントを押さえた上で安い枕を購入することがおすすめです。

それでは、「安い枕」とは、具体的にどのくらいの価格の枕を指すでしょうか。最後に、枕の平均価格をご紹介しながら、肩こりやストレートネックの人におすすめの安い枕の相場を見ていきましょう。

安いかどうかの判断基準!メーカーの販売価格の相場をチェック

肩こりやストレートネックにおすすめの枕は、寝具メーカーなどで販売している機能性枕が多いです。寝具メーカーや専門通販サイトで販売されている枕の相場は、15,000~20,000円です。

寝具メーカー以外では、1,000円~5,000円ほどの安い枕も販売していて、「安いのに熟睡できる」と口コミで人気の商品もあります。このように、枕の価格帯は様々ですが、「安い」「高い」という価格だけに惑わされず、自分の悩みに合わせて枕を選ぶことが大切です。

安い枕は品質の確認を

平均相場と比較してあまりにも安い場合、肩こりやストレートネックにおすすめの品質を十分に満たしていない可能性もあります。安い枕を購入する場合は、肩こりやストレートネックの枕の選び方のポイントをよく確認することがおすすめです。

寝具メーカーの枕は様々!肩こり・ストレートネックにおすすめのものを

枕には様々な種類があります。同じ値段でも、肩こりやストレートネックにおすすめの機能性枕もあれば、高級ホテルのベッドに使用されている有名ブランドの枕もあり、それぞれ目的が違います。 繰り返しになりますが、肩こりやストレートネックの場合は、おすすめの枕の選び方を押さえた上で、肩こりやストレートネックにおすすめの枕を選びましょう。


以上を参考に、肩こりやストレートネックにおすすめの枕を安い価格で購入しましょう。
タイトルとURLをコピーしました