口コミ評価が高いホテルブランドやオーダーメイドは痛みを解消できて安眠に効くか

肩こりにおすすめの枕の選び方まとめ!快眠寝具を選ぶ必須ポイント
頭痛/首の痛み/肩こり
肩こりの方は枕の選び方にこだわることがおすすめです

枕は、身体のこりや痛みの解消に繋がることも、逆に悪化させる可能性もあります。

そのため、肩こりの方は「とにかく安いものを購入する」という価格だけを見る選び方よりも、肩こり解消に繋がるポイントを押さえた選び方をおすすめします。

そこでこのページでは、肩こりの方の枕の選び方を解説しながら、おすすめのポイントをご紹介。

まずは、肩がこる原因から改めて確認していきましょう。

身体が痛いのはなぜ?肩こりの原因とは

肩こりは、筋肉が疲労しているという信号が、神経を通じて脳に送られた時に感じる症状。そして、この筋肉疲労は、同じ姿勢でいることによる血流の悪化が原因で起こります。

さらに、頭の重さは5~6kg(体重の約10%)で、身体に対して比較的重いです。そのため、頭を支える時にバランスがとりにくく、無理な姿勢になって身体の一部に負荷がかかりがち。このような状態が続くと肩こりに繋がります。

特に、日常的に肩甲骨が開いている姿勢(肩が前に出て背中が丸まっている姿勢)の方は、肩こりになりやすいです。

つまり、肩こりの大きな原因は長時間の無理な姿勢

肩こりの改善には整体なども人気ですが、日常的に理想の姿勢が保てるように調整することも効果的でおすすめです。

また、日中の姿勢だけではなく睡眠時の姿勢を意識することが大切。睡眠は人生の3分の1を占めるので、睡眠中の姿勢は肩こりにも大きく関係します。

そして、睡眠中の姿勢は枕の選び方で改善できることも。肩こりの方が枕の選び方にこだわることをおすすめする理由はこのためです。

それでは、具体的に肩こりに効果がありおすすめの枕の選び方には、どのようなポイントがあるでしょうか?次の項目でご説明していきましょう。

選び方の基本!寝姿勢を保てて寝返りが打ちやすい枕がおすすめ

肩こりの方の枕は「正しい寝姿勢を維持できる」「寝返りを打ちやすい」という基準の選び方がおすすめです。

肩こりの方におすすめの枕の選び方①正しい寝姿勢を維持できる

肩こりの方におすすめの枕の選び方の基準の1つ目は、正しい姿勢を維持できるかどうか。

正しい姿勢とは、背骨がS字カーブになっている姿勢です。この状態だと、頸椎や首筋などにかかる負担が少なく、肩こりの原因になる筋肉疲労も起こりにくくなります。

肩こりの方におすすめの枕の選び方②寝返りを打ちやすい

肩こりの方は、寝返りが打ちやすい枕を選ぶということもおすすめの枕の選び方です。

睡眠中は、20〜30回の寝返りを打ち、身体の負荷を分散します。 寝返りを打ちにくい枕で寝ることで同じ姿勢が続くと、血流が悪くなって筋肉に疲労物質が蓄積し、肩こりの原因に。

そのため、肩こりでお悩みの方の枕の選び方では、寝返りが打ちやすさを重視することがおすすめです。

ここまでご説明した、肩こりの方におすすめの「正しい寝姿勢を維持できて寝返りを打ちやすい枕」の選び方にはコツがあります。 そこで、肩こりの方におすすめの枕の選び方のポイントを、次の項目でより具体的に見ていきましょう。

肩こりの方の枕の選び方~おすすめは高さ・硬さ・形状の確認~

肩こりの方は、枕の【高さ】【硬さ】【形状】に注目する選び方がおすすめです。1つずつ詳しくご説明していきましょう。

選び方のポイント①高さ

肩こりの方におすすめの枕の選び方の1つ目のポイントは、枕の高さ。

枕が高すぎても低すぎても理想の寝姿勢が崩れてしまうため、肩こりの方は枕の高さの選び方にこだわることをおすすめします。

選び方の目安として、枕の高さの平均は男性4cm・女性3cm。ただし、体型や後頭部の高さ、首の長さなどによっておすすめの合う枕の高さが違います

おすすめは、首の間の隙間がなくなり、仰向けで寝た時に仰角が5°になる高さ。首に手を入れたり、タオル使って調節したりして、首に隙間がなくなる高さを測ることが選び方のコツです。

仰向けだけではなく、寝返り時に横向きで姿勢を維持できる高さに調節できるかどうかも選び方のポイントです。横向きで背骨が真っ直ぐになる、快適な寝心地の枕を選ぶことをおすすめします。

選び方のポイント②硬さ

肩こりの方の枕の選び方のポイントの2つ目は、枕の硬さ。

枕が柔らかすぎると頭が沈んで寝返りが打ちにくく、硬すぎると頭が浮いて首に隙間ができてしまいます。肩こりの方は、頭の重みを支えられる硬さの枕がおすすめです。

そして、枕の硬さは、素材の選び方が大きく関係します

主な枕の素材には、ビーズ、羽根、ポリエステル・綿、パイプ、そば殻などがありますが、寝返り時に高さを調節しにくいことがあります。そのため、肩こりの方向けの素材を使った機能性枕がおすすめです。

選び方のポイント③形状

肩こりの方は、枕の形状を重視する選び方がおすすめです。

肩こり改善のためには身体にかかる体重を分散した方が良いので、寝返りの打ちやすい枕がおすすめ。そして、両サイドが高めなど、寝返りを打ちやすい形状の枕があるため、選び方の参考にすると良いでしょう。

以上をまとめると、肩こりの方におすすめの枕の選び方のポイントは以下の通り。

肩こりの方におすすめの枕の選び方まとめ
  • 仰向け・横向き時に寝姿勢を維持できる高さの枕を選ぶ
  • 正しい寝姿勢を保ち、寝返りが打ちやすい硬さの素材がおすすめ
  • 寝返りを打ちやすい形状の枕がおすすめ


以上を満たすおすすめの枕が、六角脳枕。六角脳枕は、肩こりの方の枕の選び方でご紹介したポイントを満たすおすすめの枕です。
六角脳枕の特徴
  • 真ん中と両サイドが高めで、その間が凹んでいるので、寝返り時に寝姿勢を調節しやすい
  • 独自開発の低反発素材が頭にフィットして寝心地が良い
  • 凹凸の形状で寝返りが打ちやすい
六角脳枕の詳細は以下にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

六角脳枕のおすすめポイント・口コミ評価・価格まとめ
肩こり・首の痛み・ストレートネック・頭痛などにお悩みの方におすすめのイッティの安眠枕「六角脳枕」。六角脳枕の特徴やおすすめポイント・口コミ評価・お得に購入する方法などをまとめているので、購入を検討中の方はぜひご一読ください。
タイトルとURLをコピーしました